メーカー

TSMC半導体工場の選択肢に熊本 日本政府が誘致に動く 大規模支援が鍵

 半導体世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)が日本国内への製造工場の建設を検討し、熊本県が立地の選択肢の一つに挙がっていることが27日、分かった。日本政府は半導体を経済安全保障上の重要製品と位置付け、国内製造基盤の確保のためにTSMCの誘致に動いている。大規模投資が必要な工場建設コストなどを補う大規模な支援ができるかどうかが実現の鍵となる。

 TSMCは半導体の生産だけを担う受託製造企業で技術力に優れ、世界的に大きな存在感を持つ。政府関係者によると、日本進出に当たり金銭的な支援を求めており、数千億円の補助金が必要になる可能性がある。半導体工場の建設は数千億~1兆円超の大型投資となり、TSMCは日本での生産コストの高さも指摘している。

 熊本は半導体製造に必要な水が豊富なことが特徴。関連産業が集積していることも工場建設の選択肢となる背景にある。ただ条件次第では誘致交渉が難航する可能性がある。TSMCの新工場からソニーグループが調達するとの観測もある。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus