金融

休業支援金・給付金、申請期限を今年9月末まで延長 中小企業の労働者対象

 厚生労働省は28日、中小企業に勤める労働者の「休業支援金・給付金」に関し、昨年4月から今年4月までの休業分の申請期限を9月末に延長すると発表した。当初は7月末が期限だった。

 昨年4~9月については、シフト制で働くなど一定の条件を満たした人が対象。

 休業支援金は、新型コロナウイルス禍で勤務先の指示によって休業したにもかかわらず、休業手当が支払われない労働者が対象。労働者が直接、国に申請できる仕組みになっている。

 今年5~6月分、7~9月分の申請期限は、それぞれ9月末、12月末となっている。詳細は、厚労省の休業支援金のホームページで。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus