サービス

九州新幹線長崎ルート、車両デザインは「大人の雰囲気」に

 JR九州は28日、令和4年秋に暫定開業する九州新幹線長崎ルートの武雄温泉(佐賀県)-長崎で走行する新幹線の車両デザインを公表した。「九州らしいオンリーワンの車両」がコンセプトで、デザインを担当した工業デザイナーの水戸岡鋭治氏は「大人の雰囲気をテーマに美しさや優しさなどを追求し、心地よい空間とした」と語った。

 愛称名は「かもめ」で、3つの輪の中を飛ぶかもめをシンボルマークに採用した。同社の会社カラーの赤を車体に配色し、指定席のシートには菊、獅子、唐草模様が描かれている。車体に描いた「かもめ」の文字は青柳俊彦社長が書いたといい、青柳氏は「手に力が入り、10回くらい書き直した」と語った。

 長崎ルートは博多-長崎を結び、このうち来年秋に武雄温泉-長崎がフル規格で暫定開業する。佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉は、県が整備方式などに反対していることなどから、全線開業のめどが立っていない。当面は、武雄温泉で在来線特急と新幹線を乗り換えるリレー方式となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus