企業リリース

Zepp Health、年次開発者会議で次世代スマートウェアラブルチップ、オープンソースOS、血圧測定、小型医用画像戦略のさらなる拡大を発表

@Press

 画像 : https://newscast.jp/attachments/VWcCmDnB5ihCTtDMnOkf.jpg

 

 

HuangshanTM 2s - 第3世代のスマートデバイス用AIチップが性能をアップ

 本日、Zepp Health社は、同社の新世代スマートウェアラブルチップ「Huangshan 2s」を発表しました。このチップは、2020年の同カンファレンスで発表された前版「Huangshan 2」から大幅な性能向上を実現しています。Huangshan 2sは、前版と比較して、動作時の消費電力を56%、休止時の消費電力を93%削減し、グラフィックス性能を67%向上させています。

 Huangshan 2sは、デュアルコアRISC-Vインストラクションセットアーキテクチャーを採用した初のウェアラブルAIプロセッサーです。同社は機能、性能、消費電力のバランスが非常に優れたウェアラブルチップを開発できたことを嬉しく思っています。今後も、同社のスマートヘルス製品から消費者が体験するパフォーマンスの重要な差別化要因となるでしょう。

 Huangshan 2sスマートウェアラブルチップは、2021年3月にストリーミングに成功しており、同社の第3世代Amazfitスマートウォッチの重要なスマートウェアラブルチップの1つとなります。

 

Zepp OS - アプリ開発者のためのエネルギー効率の高いオープンアーキテクチャと健康管理のためのプラットフォームの構築

 Zepp OSは、スマートウォッチのOSであると同時に、オープンな健康管理プラットフォームの中核となるものです。他の多くのモバイルオペレーティングシステムの制限や問題を回避するために Zepp Health社は、スマートウェアラブルのZepp OSのために、まったく異なる軽量のMini Program + Cloudコンセプトを開発しました。また、同社のOSは、健康とユーザーエクスペリエンスに重点を置いて設計されています。軽量であること、スムーズであること、実用的であることという3つの重要な特徴に焦点を当てています。

 新しいZepp OSは55MBで、同社の従来のAmazfit OSの10分の1、WatchOS 8の28分の1のサイズです。Zepp OSの動作時の消費電力は、従来のAmazfit OSに比べて65%低く、比較テストでは、同社のスマートウォッチの1つで耐久性が190%向上しました。また、新しいZepp OSには、ユーザーエクスペリエンスを最大化するために、多くの合理化されたダイナミックな視覚効果が含まれています。

 ZeppとAmazfitのユーザーにとって最もエキサイティングなことは、同社がMini Programのフレームワークを開発者に開放し、同社独自のバイオセンサーアレイとAIチップからの高品質なデータとインテリジェンスを活用した新しいアプリを作成することです。

 新しいZepp OSは、非常に信頼性の高い安定したBluetoothチャネルを提供し、スマートフォンだけでなく、スマートホームやその他の健康機器、決済システムとの接続を向上させます。

 ■Zepp OSは、4G/5Gモジュールをサポートし、tcp/ipネットワークプロトコルを統合することで、スマートフォンがなくてもクラウドに直接時計を接続することができます。

 ■Zepp OSは、NetEase、Spotify、Alexa、Yuepao、Stravaなど、音楽、音声コマンド、フィットネス用のインターネットクラウドサービスアプリケーションをサポートしています。

 ■Zepp OSは2021年第4四半期に正式に発売され、何千人もの開発者が参加できるオープンソースの健康管理プラットフォームとなり、スマートウェアラブルユーザーのためのグローバルなオープンソースの健康エコシステムを構築する予定です。

 Zepp Healthは、Zepp OSとHuangshan 2sスマートウェアラブルチップの技術をYitong Technologyにライセンスし、外部のIoT(Internet of Things)パートナー向けに商用アプリケーションを配布しています。

 画像 : https://newscast.jp/attachments/Jt6Gc6lJDB4BxsYQ6vv2.jpg

 

 

Zepp Healthが手首での血圧測定を発表

 Zepp Healthは、非侵襲的で袖なしの血圧測定システムであるPumpBeats?を発表します。

 5年間の技術研究に基づき、当社独自のHuangshan AIチップとバイオセンサーアレイを採用したZepp Health PumpBeats?アルゴリズムは、腕時計の光学センサーを通じて血圧を測定することができます。北京大学第一病院の高血圧患者を対象とした臨床テストでは、PumpBeatsの測定値の偏差が、収縮期血圧で5.14mmHg未満、拡張期血圧で4.88mmHg未満であることがわかりました。

 血圧測定はわずか30秒で完了し、PumpBeats?は2021年第4四半期にAmazfit製品に搭載される予定です。

 

Zepp Healthは破壊的な医用画像技術への投資を継続

 健康とテクノロジーを結びつけるという同社の使命は、消費者に限ったものではありません。同社は、消費者と従来のヘルスケアシステムを巻き込んで含む、より広範な健康とウェルネスのシステムのビジョンを持っています。2020年、Zepp Healthは、同社の小型化、AI、チップ、センサー、アルゴリズムのエンジニアリングの専門知識が、市場に登場する新しい破壊的な医療用画像技術に活用できることを認識しました。同社は、Promaxo, Inc.やHyperfine, Inc.など、いくつかの若い医療用画像処理企業とのパートナーシップを構築し、多額の資金投資を行いました。これらの新しい小型化されたポータブルMRI、X線、超音波システムは、医療用画像処理の場所、用途、コストを破壊し、世界的に医療の向上とコストの削減に大きな影響を与えるでしょう。

 本日の会議で、Zepp Healthは、これらの取り組みを補完するために、中国でのエンジニアリング開発を追加することを発表しました。この研究では、中国市場特有のニーズを調査するとともに、当社のエンジニアリングとIPがこれらの新技術をどのように補完し、付加価値を与えることができるかを検討し始めます。

 

Zepp Health Corporation (NYSE: ZEPP)について

 Zepp Healthは、2021年2月25日にHuami Corp.から社名変更しました。(2021年2月25日、Zepp HealthはHuami Corp.(HMI)から社名変更しました。同社のミッションは引き続き、テクノロジーで健康をつなぐことです。2013年の設立以来、Zepp Healthは、AIチップ、生体センサー、データアルゴリズムなどの独自技術のプラットフォームを開発し、消費者向けのスマートヘルス機器、人口保健のためのデータ分析サービス、診断やケア提供のための産業用医療技術などの幅広い製品群を推進しています。Zepp Healthは、スマートウェアラブル健康機器および消費者向けフィットネス機器の世界最大級の開発企業であり、2020年には3,300万台のスマートウォッチを含む4,600万台を出荷する予定です。Zepp Health Corp.は中国の合肥市に拠点を置き、米国ではカリフォルニア州クパチーノに拠点を置くZepp Health USAが運営しています。

 Zepp Health メディア問い合わせ

 Hayward Wong, hayward.wong@zepp-usa.com M: 858-519-6089

 Zepp Health 投資家向け窓口

 北米 - Brad Samson, brad.samson@huami-usa.com, M: 714-955-3951

 中華圏 - Grace Zhang, zhangyujia@huami.com

 【本プレスに関するお問い合わせ先】

 企業名:株式会社アースリボーン

 担当者名:木村 裕

 E-Mail:amazfit@earth-reborn.co.jp

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus