メーカー

ソニー、最終利益7000億円に 令和4年3月期予想を上方修正

 ソニーグループは4日、令和4年3月期の連結最終利益予想を7千億円に上方修正した。従来予想は6600億円だった。音楽や家電分野などが好調で、利益を押し上げる見通し。売上高は9兆7千億円に据え置いた。

 3年3月期との比較では、売上高が7・8%増、最終利益が32・0%減で増収減益を見込む。

 同時に発表した3年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比15・0%増の2兆2568億円、最終利益が9・4%増の2118億円となった。家電や音楽分野が大幅な増収となった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus