金融

農水省、コメ先物判断へ堂島商取から意見聴取

 農林水産省は5日、大阪堂島商品取引所が申請したコメ先物取引の本上場を認可するかどうか判断するため、同取引所側から意見を聴取した。農水省は取引の参加者数が増えていない点が認可基準を満たしていないとみており、意見の内容が不十分なら不認可とする可能性が高い。

 意見聴取は農水省内で行い、同取引所の中塚一宏社長が出席。農水省は意見の内容を踏まえ、現在の試験上場の期限となる7日までに最終判断する。

 大阪堂島商品取引所は7月16日に本上場を申請した。農水省は同月27日に認可基準に不適合な点があるとして意見聴取の実施を決めた。

 コメ先物の本上場をめぐっては、米価下落を懸念する自民党が厳正に判断するよう農水省に申し入れ、厳しい姿勢を示している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus