話題・その他

札幌のネット米穀店がリアル店舗の青果業に進出 衝撃的な価格の安さの秘密

 札幌市で6月に創業した青果店「ヤオハチ」が地元住民から人気だ。わずか4カ月でフランチャイズを含め8店舗を開店。「安くて安心」と話題を集めている。安さの秘訣(ひけつ)はインターネット米穀店の経験を踏まえた物流ノウハウと、全国に広がる農家ネットワーク。同店を運営する青果店ベンチャー「やお八」(本社・札幌市)の藤川欽三社長(41)はリアル店舗での全国展開を狙う。

 レジ前に長い行列

 「レモンとオレンジ、どっちも1玉8円だよ!」

 札幌市北区麻生(あさぶ)の直営店「ヤオハチ麻生店」の店先に目玉商品を宣伝するスタッフの威勢の良い声が響く。店頭に並ぶキャベツやダイコンは税別で1個88円。アボカド1個41円、ピーマン1袋38円など同地区の他店と比べるといずれも1~2割は安い。

 開店から1カ月たたないが、買い物客がひっきりなしにやってきては「安いね」と楽しそうに品定め。平日でも店内は混雑し、夕方になるとレジ前に長い行列ができるという。

 近くに住む70代の夫婦は「初めて来たけど安い。売れるから入れ替えも早いので新鮮な野菜が買える」と笑顔を見せた。

 始まりは米のネット販売

 藤川氏は北海道産米「ゆめぴりか」専門のネットショップ「米のさくら屋」を平成22年にオープン。27年にはコンビニ総菜の製造会社に向けた野菜の卸売りも始めた。農家との直接契約で独自の流通ルートを構築し、その数は北海道から九州、沖縄まで500軒に上るという。

 これらの起業経験と独自の物流、生産農家ネットワークを生かし、今年創業したのが「やお八」だ。「季節を問わず仕入れができるので通年販売も可能。直接仕入れることで中間マージンもなく、通常より1~2割は安く販売できる」と藤川氏はいう。

 開放感のある屋外で楽しみながら買い物ができるよう、店舗前の駐車場はあえて商品陳列スペースにしている。仕入れに応じて「道内産枝豆袋詰め100円」など目玉商品も投入。手書きの値札やポップで温かさを演出するなど細部にもこだわる。

 そんな工夫が口コミで広がり「札幌の隣の江別市から来てくれたお客さんもいる」と話す。

 目標は国内50店舗と上場

 創業からわずか4カ月で札幌市内8地区に出店したが、藤川氏は早くも次の展開を狙う。

 フランチャイズの5店はリニューアル改装中で、3カ所の直営店のうち、麻生店を除く2店舗は業態を変え、いずれも11月ごろに再開予定。直営店の一つは飲食店向けの青果卸に特化する。もう1店舗は「サラダも一緒に販売する。コロナで自宅での食事機会が増え、手軽に野菜を食べたいというニーズがある。野菜を細かくカットしてスプーンで食べる『チョップドサラダ』などを売り出したい」と次の戦略を練る。短期間での路線変更に「店舗の売れ行きや市場動向を見ている」と話す。

 これまでにない柔軟さと速さで規模拡大を進める藤川氏だが「現在の目標は令和7年までの全国50店舗展開と上場。2年以内に10店舗まで増やす予定で、東京進出の準備も進めている」と夢を掲げる。(坂本隆浩)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus