話題・その他

兵庫県、コロナ新規陽性者数の減少を受け時短要請を解除へ

 兵庫県は19日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、新規陽性者数の減少を受け、飲食店に求めていた営業時間の短縮要請を21日付で解除することを決めた。県内で時短要請が全面解除されるのは9カ月ぶり。22日以降、飲食店への需要喚起策「Go To Eat」事業を再開する。

 7月以降、1日の感染者数は最大千人を超える日もあったが、最近は減少傾向に入り、19日の陽性者数は29人だった。県は感染の再発を防止するため、22日以降も店に対して同一テーブルは原則4人、客の滞在時間は2時間程度以内とするよう求める。

 斎藤元彦知事は会見で、時短要請の解除について「ようやくこの段階まできた。(県民の)これまでの負担に改めて感謝する」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus