メーカー

ガソリン高騰続く、全国平均1リットル164円60銭 7週連続値上がり

 経済産業省が20日発表した18日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、11日時点の前回調査と比べて2円50銭高い164円60銭だった。7週連続で値上がりし、平成26年10月以来約7年ぶりの高値水準が続いた。

 世界経済の回復基調に伴い原油の需要が増加し、原油価格が高騰しているのが主因。年初からは約2割上昇している。車を使う家計と企業には打撃となり、新型コロナウイルス禍からの経済回復に水を差しかねない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus