企業リリース

【都心から発信!】男子高校生が企業と一緒に「ガチ」で「ラジオ番組制作」に挑戦!

@Press

 東京都千代田区の男子校、正則学園高等学校と、地元神田の地域企業とがコラボレーションし、実際に社会と関わりながら学ぶ実践的教育プロジェクト「pupa」が、今年もついに始動しました。今年のテーマは「ラジオ番組制作」です。

 インターネット上の動画投稿サイトがこれほどの隆盛を極めた今、あえて教育活動の一環として、「ラジオ番組制作」に挑戦します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/280688/LL_img_280688_1.png

 pupa2021イメージイラスト

 正則学園高等学校は、明治29年(1896年)の創立当初から変わらずに神田錦町の地でその歴史を歩み続け、2021年10月16日をもちまして、創立125周年を迎えました。

 そんな歴史と伝統を誇る本学園ですが、伝統に胡座をかくことなく、変化の著しい時代の要請を踏まえ、また、これからの時代を担う生徒の未来をしっかりと見据えて、新しくてユニークな教育活動を積極的に展開しています。そのひとつが、今年で3年目を迎えた地域連携プロジェクト「pupa」(ピューパ)です。

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/280688/LL_img_280688_2.png

 pupa(蛹)のように自分で自分の枠組みを規定してほしいという願いが込められています

 ■pupaの概要について

 「pupa」とは、正則学園高等学校と、ミテモ株式会社、株式会社クスールの3組織によるコラボレーションを中心として、普段の学校教育だけでは関わる機会すらなかなかない、現場の第一線で活躍する「プロ」の方々と共に試行錯誤することで、そのセンスやノウハウを学ぼうという、2019年度から始まった実践的教育プロジェクトです。

 立案当初から、pupaは決して単発では終わらせず、毎年継続的に活動してゆくことを念頭に置いてきました。とはいえ、必ずしも毎年同じ活動を繰り返す必要はないのも事実です。実際、初年度はかなりリアルな「起業体験」、昨年度は「映画製作」と「生配信」、そして今年度は「ラジオ番組制作」と、ここ3年間の活動内容は年度によって全く異なっています。

 画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/280688/LL_img_280688_3.png

 初年度(2019年度)の活動の様子

 画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/280688/LL_img_280688_4.jpg

 2020年度の様子

 しかしその中でも、「これだけは見失ってはいけない」という、重要な指標があります。それは、高校生も大人も一緒になって考え、「ああでもない、こうでもない」と共に試行錯誤をした末に、何らかの新しい価値を創造し、その価値を多くの人に届けるということ。この理念を尊重し続けることで、高校生も大人も関係なく、共に本気で遊び、本気で学んで、一緒に成長してゆくことができるはず。これこそが、私たちの考えるpupaの意義であり、揺るぎない信念でもあるのです。

 ■今年度のテーマは「ラジオ番組制作」

 2021年度の活動は、13名の参加生徒と共に、9月24日(金)よりスタートしました。3年目となる今年度は、「FM3.14」という架空の周波数を掲げ、「ラジオ番組制作」に挑戦します。ネット動画全盛の今の時代だからこそ、あえてこのテーマを選びました。

 放送開始から96年目を迎えた日本のラジオは、テレビ放送の開始やパソコンの普及、インターネット時代の到来、そして動画投稿サイトの隆盛など、時代の変化の中で何度も「もう終わりだ」と言われ続けてきました。ところが、未だラジオは終わっていないばかりか、その人気は一向に衰えることがありません。これは単に、ラジオにそれだけの「魅力」があるからに違いありません。

 また、教育活動の一環として「ラジオ番組制作」に取り組むこと自体にも魅力があります。ラジオは「音声」だけで勝負するメディアです。制作陣の伝えたいことや想いをわかりやすく、魅力的に伝えるためには、高い「企画力」とそれを補完する「表現力」が不可欠です。

 さらに、ラジオ番組を作っているのはパーソナリティーだけではありません。ディレクターや構成作家など、様々な立ち位置の人々が「協働」して作っています。

 今年度の活動を通じて、まさにこのような「企画力」や「表現力」、「協働してよりよいものを作る姿勢」を、生徒とともに我々大人も培うことができると確信しています。

 画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/280688/LL_img_280688_5.png

 今年度の告知ポスター

 今年度の活動は、「FM3.14」と銘打っているように、2022年3月14日のオンエアを最終回として想定した、長期に亘るプロジェクトとなる予定です。また、今後は実際にラジオ業界で活躍されている方をお招きし、番組制作のノウハウ等についてプロの知見をレクチャーしていただきたいとも考えていますが、現時点ではひとまず11月3日(水・文化の日)に初回放送をオンエアするべく、準備を進めています。

 生徒と大人の垣根を超え、協働して、「リスナーに寄り添った、愛される番組」を作ってまいります。是非皆様の温かいご声援をいただけますよう、お願い申し上げます。

 pupaの活動の様子は、正則学園のnoteで随時発信しています。よろしければ、そちらも併せてご覧いただけますと幸いです。

 画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/280688/LL_img_280688_6.jpg

 正則学園高等学校

 ■学校概要

 【正則学園高等学校】

 所在地 : 〒101-8456 東京都千代田区神田錦町3-1

 創立日 : 1896年10月16日

 学校長 : 齋藤 裕

 公式HP : https://www.seisokugakuen.ac.jp/

 公式note: https://seisokugakuen-hs.note.jp/

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus