自動車

ホンダが11月上旬1割減産 国内工場、部品不足は改善

 ホンダは21日、11月上旬の国内の自動車生産台数が当初計画に比べて約1割の減産になると発表した。半導体不足や東南アジアの新型コロナウイルス禍による部品不足の影響は残るが、10月に見込む3割弱の減少からは改善する。生産ラインの停止は計画しておらず、具体的な生産台数の影響は非公表としている。

 11月上旬は売れ筋の軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」などを手掛ける鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)が約1割の減産となる。10月は約4割減の見通しだが、東南アジアの感染状況の改善で現地からの部品の調達が増える。

 埼玉製作所の狭山工場(埼玉県狭山市)と寄居工場(同県寄居町)も11月上旬にそれぞれ約1割の減産を見込む。狭山工場は10月に約2割減の計画だった。

 ホンダの担当者は先行きについて「状況は流動的だ」と説明。引き続きコロナ禍などの影響を注視する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus