自動車

スズキ18万8千台リコール エンストの恐れ

 スズキは25日、エンジンの不具合で停車直前にエンストする恐れがあるとして「ハスラー」「スペーシア」と、マツダブランドで販売する「フレア クロスオーバー」「フレア ワゴン」の4車種計18万8378台(平成29年4月~令和元年12月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、車の前面から浸入した融雪剤などの塩水によって、エンジンを効率よく動かすための機構を制御する部品の内部がさび、作動しなくなるものがある。機構が制御できず、エンジン警告灯が点灯してエンストする恐れがある。

 事故の報告はなく、不具合が103件報告された。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus