関西でも「南海そば」が人気の理由 芸術的な“割りばしタワー” (1/6ページ)

2013.12.9 06:15

  • 南海なんば駅の「南海そば」。「はしタワー」がずらりと並ぶ=大阪市中央区
  • 南海なんば駅2階の「南海そば」。そそり立つ「はしタワー」に圧倒される=大阪市中央区
  • そばが上、うどんが下になった南海なんば駅2階「南海そば」のおしながき

 駅の「立ち食いうどん・そば」の数が減っている。かつて小さな駅でも見られたが、最近は大きなターミナル駅に行かなければなかなかお目にかからなくなった。そんな中、南海なんば駅(大阪市中央区)では、50年近く続く店がある。開店以来、はしを塔のように積み上げる「はしタワー」で有名。普通のゆでめんのうどん、そばを扱うが、うどん文化とされる関西で、なぜかこの店の販売量はそば2に対しうどんは1。ほかにも追加料金なしで中華めんに変更できることなど、ユニークな点が多い。それらのワケを探ると…。(張英壽)

 全国ここだけ?

 南海なんば駅構内にある「南海そば」。店内に入ると、ほかの店にはまずない形状のものが視界に入ってくる。

 割りばし入れからはしがはるか上に飛び出し、花のような先広がりのタワーを形成している。高さは50、60センチもあり、店内にいくつも置かれている。中に入っているはしは500~600本。ふつうに入れると100本程度といい、その5、6倍あるわけだ。

 「はしをこんな形にして置いているのは全国でもここだけでしょう。遠方からこの割りばしを目当てに、来店するお客さんも多いんです」

確かに「はしタワー」の形状は芸術的とさえ言え圧倒される

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。