総務次官に大石氏 同期が3代続く異例の人事に

2014.7.15 10:01

大石利雄氏

大石利雄氏【拡大】

 総務省は岡崎浩巳事務次官(61)が退任し、後任に旧自治省出身の大石利雄消防庁長官(61)を充てる人事を固めた。大石氏は昭和51年入省で、旧郵政省出身の小笠原倫明前次官から同期が3代続くことになる。月内に発令する。

 同省は平成19年以来、旧自治省出身と旧郵政省出身が交互に事務次官となるたすき掛け人事が続いていたが、旧自治省出身が2代続く。上がりポストといわれる消防庁長官から事務次官に就任するのも2年連続。

 大石氏は大臣官房が長く局長経験はないが、安倍晋三首相が創設する「地方創生本部」が省庁横断的な機能を発揮するための実務能力が期待される。

 総務審議官は田中順一、吉崎正弘の両氏が退任。桜井俊氏は留任する見通し。

【プロフィル】大石利雄

 おおいし・としお 東大法卒、昭和51年自治省(現総務省)入省、総務審議官を経て平成25年6月消防庁長官。千葉県出身。61歳。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!