無謀な「朝鮮出兵」で豊臣政権“内部分裂”…機能しなかった「QCサークル」 (4/6ページ)

2014.11.10 06:49

豊臣政権では(右上から)秀吉、石田三成らと(左上から)加藤清正、黒田長政、福島正則、黒田官兵衛らが対立する構図が生まれた

豊臣政権では(右上から)秀吉、石田三成らと(左上から)加藤清正、黒田長政、福島正則、黒田官兵衛らが対立する構図が生まれた【拡大】

  • 大阪城二の丸の豊國神社に建つ豊臣秀吉公銅像
  • 秀吉による朝鮮出兵(文禄の役)後、敵軍の侵入を防ぐために設置された聞慶の嶺南第一関門
  • 朝鮮出兵の拠点となった名護屋城跡。前方には玄界灘が広がる=佐賀県唐津市
  • 熊本城の加藤清正像

 この結果、以後は三成を主体とした管理担当と、現地で戦った官兵衛の息子・黒田長政や福島正則、加藤清正といった実戦担当が分裂していく。

 この溝は2度目の朝鮮出兵を経て秀吉の死後にさらに深まると、長政、正則、清正による三成暗殺未遂事件、さらには関ヶ原の戦い、豊臣家が滅亡する大坂の陣へと連なっていく。

 敵の戦力、戦場の地形など情報収集を怠り、詳細な作戦、後方支援もない朝鮮出兵は明らかに秀吉の指導責任であり、豊臣政権の崩壊がここから始まったといっていいだろう。

 戦いの質を問う

 現代社会での優れたリーダーは社員の意見をよく聞き、組織に有効ならば反映させていくところにあるとされている。それで社員の組織への帰属意識も高まってくる。

有効な手段となるのは現代の「QCサークル」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。