無謀な「朝鮮出兵」で豊臣政権“内部分裂”…機能しなかった「QCサークル」 (6/6ページ)

2014.11.10 06:49

豊臣政権では(右上から)秀吉、石田三成らと(左上から)加藤清正、黒田長政、福島正則、黒田官兵衛らが対立する構図が生まれた

豊臣政権では(右上から)秀吉、石田三成らと(左上から)加藤清正、黒田長政、福島正則、黒田官兵衛らが対立する構図が生まれた【拡大】

  • 大阪城二の丸の豊國神社に建つ豊臣秀吉公銅像
  • 秀吉による朝鮮出兵(文禄の役)後、敵軍の侵入を防ぐために設置された聞慶の嶺南第一関門
  • 朝鮮出兵の拠点となった名護屋城跡。前方には玄界灘が広がる=佐賀県唐津市
  • 熊本城の加藤清正像

 さらに決めたことには従ってもらう代わりに、決断への経緯は説明するとすれば時間もかからない。意見がとりあげられれば満足感は増し、秀吉軍への諸将の参加意識も高まる。

 ただしこの場合、サブリーダーの2人が誰もが認める人格者でないと、論議は無駄になる。秀吉も信長時代のときのように2人の気持ちをつかんだ話術を復活させれば、鬼に金棒だったに違いない。

 もしかして関ヶ原の戦いの結果も違っていたかもしれない。それどころか、このような天下分け目の戦いは存在していなかったかもしれない。(園田和洋)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。