思い込みより「まずやってみる」 ポケモンGO開発者が語った“反省” (1/2ページ)

野村達雄氏
野村達雄氏【拡大】

 昨年7月にリリースされ、世界で7億5000万回以上ダウンロードされたスマートフォンアプリ「ポケモンGO」。1日、開発を主導した米ナイアンティック社の野村達雄氏(31)が横浜市で行った講演で開発の裏側を、詰めかけたおよそ1000人のゲーム開発者達に語った。その意外なエピソードは多くのビジネスパーソンのヒントになりそうだ。

 ポケモンGOは拡張現実(AR)という技術を使い、現実の風景と仮想現実のポケモンを重ねて表示させ、その場にポケモンが存在しているかのように見せるのが特徴だ。それを支えるのがスマホのカメラと、傾きを検知するジャイロセンサーなのだが、野村氏は開発当初「カメラとジャイロだけでは上手くいかない」とこの仕組みを頭から否定していたという。

 代わりにプロトタイプに使われたのが、グーグルマップの360度パノラマ写真だった。ポケモンが現れたら、その場所のパノラマ写真が表示され、そこにポケモンがいるように見えるというわけだ。グーグルのエンジニアとしてグーグルマップを手がけていた野村氏らしいアイデアとも言える。

 だがテストの結果は散々。「全然上手くいかなかった。理論的にはうまくいきそうだが、現実とのギャップが激しかった」。木の葉の色や人の通りなど、リアルタイムではないパノラマ写真とプレイヤーが見ている風景の違いが予想以上に没入感の妨げになっていた。

野村氏を救った“デモ”

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。