「はれのひ」破産 負債額10億円か 篠崎洋一郎社長が初めて謝罪

会見で謝罪し、頭を下げる「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)
会見で謝罪し、頭を下げる「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)【拡大】

  • 会見で謝罪し、頭を下げる「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)
  • 会見に臨む「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)
  • 会見に臨む「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)

 振り袖の販売やレンタルを手掛ける業者「はれのひ」(横浜市中区)が成人の日を前に突然営業を取りやめ、成人の日に晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題で、横浜地裁は26日、はれのひの破産手続きの開始を決定した。破産管財人の弁護士が同日、明らかにした。現時点での負債額約6億3500万円は、最終的に10億円を超える見通し。客が購入したり、着付けのために同社に預けたりした振り袖は約1200着保管しており順次返還する方針という。

 破産手続き開始の決定をを受け、はれのひの篠崎洋一郎社長(55)は同日、横浜市内で記者会見し、「多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを深くお詫びします」と謝罪した。

 一連の騒動をめぐっては、今月8日の成人の日に、同社の店舗がある横浜市や東京都八王子市で晴れ着を着られなかった新成人が相次ぎ、多くの新成人が成人式への出席を取りやめた。来年や再来年の成人式のためにすでに契約を済ませ代金を支払った人も多数いるとみられる。

 従業員に賃金を支払えず、昨年8~12月に計5回、横浜南労働基準監督署から是正勧告を受けたことも判明している。

 東京商工リサーチによると、同社は平成23年3月、前身の会社「シーンコンサルティング」を福岡市博多区に設立。翌年7月には横浜市内で初の直営店をオープンし、関東を中心に最大で6店舗を展開した。27年に本社を実質的に横浜市に移転し、会社名をはれのひに変更した。