東京から寿司を“テレポーテーション”!? 味をデータ化「ピクセル寿司」に再現 (1/2ページ)

 東京から寿司のデータを転送し、米国のイベント会場で出力する--そんな「SUSHI TELEPORTATION」を目指すプロジェクトチームが、テクノロジーイベント「SXSW 2018」(3月18日まで、米国オースティン)でデモンストレーションを披露している。食感や味などのデータを基に、1辺が5ミリの食べられる立方体(ゲルキューブ)をロボットが組み立て“低解像度のピクセル寿司”を再現する。

 プロジェクトチームは、味覚センサーや3Dスキャナーなどを使い、味、形状や色、食感や水分量、栄養素などをデータ化。粒ごとに味や色が異なるゲルキューブをフードプリンタで出力し、世界中で食べたいときにダウンロードできる--というプロジェクトに取り組んでいる。

ゲルキューブを積み上げ、寿司に見立てる