【第27回地球環境大賞】(4-2)

授賞式でお言葉を述べられる秋篠宮殿下=9日、東京・元赤坂の明治記念館
授賞式でお言葉を述べられる秋篠宮殿下=9日、東京・元赤坂の明治記念館【拡大】

  • 秋篠宮ご夫妻ご臨席のもと開かれた授賞式会場=9日、東京・元赤坂の明治記念館
  • 日枝久氏
  • 御手洗冨士夫氏

 ■秋篠宮殿下のお言葉

 本日、第27回「地球環境大賞」の授賞式にあたり、皆様とともに出席できましたことを、大変うれしく思います。また、このたび各賞を受賞される方々に心からお祝いを申し上げます。

 近年、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など、環境諸問題に対する人々の関心や意識は、その高まりとともにグローバルな広がりを見せております。いっぽう、気候変動が大きな要因とみられる自然災害が世界各地で数多く発生しており、わが国においても豪雨や豪雪など、その甚大な被害が人々の生命と生活に大きな影響を及ぼしています。地球環境に関わる問題を考えるとき、自然環境の保全とともに、防災や減災についての意識を今以上に高めつつ、私たちが如何にして自然と共存していくか、その方途を探求する必要性を強く感じます。

 今年で27回目を迎えた、地球環境大賞は、環境を守りながら発展する産業や、持続可能な循環型社会の実現に寄与する製品や技術の開発など、環境保全の取り組みを顕彰することで、社会への貢献を目的として創設されました。そして産業界に始まり、自治体、学校、市民グループへと表彰の対象を広げながら、環境活動に熱心に取り組む人々を広く顕彰することによって、地球環境の保全、人々の環境意識を高めることに貢献してまいりました。

 2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」や、温暖化防止のための新たな国際的枠組みである「パリ協定」が注目を集めるなか、今後とも、わが国は、その優れた環境関連技術や知識をもって世界に貢献していくことが求められましょう。

 終わりに、受賞者をはじめとする皆様が、今後とも地球環境の保全に積極的に取り組んでいかれることを期待するとともに、その活動がより一層広がりを見せることを祈念し、私のあいさつといたします。

                  ◇

 ■活力あふれる国づくりに邁進

 □フジサンケイグループ代表・日枝久氏

 本日、秋篠宮同妃両殿下のご臨席を賜り、また多くのご関係の皆様にご出席いただく中、第27回「地球環境大賞」の授賞式を行わせていただきますことに、心から感謝申し上げます。

 私どもフジサンケイグループが「産業の発展と地球環境との共生」を基本理念に平成4(1992)年に創設した地球環境大賞顕彰制度は、今年で第27回を迎えることができました。秋篠宮同妃両殿下には当初から一貫して授賞式にご臨席を賜り、また、WWFジャパンをはじめ関係各方面の皆様のご協力、ご支援を受けて、日本を代表する環境顕彰制度として広く社会に定着してまいりました。改めて厚く御礼申し上げます。

 さて、環境・エネルギー問題をはじめ地球規模の課題解決に向けては、経済界・産業界の果たすべき役割が一段と重要になっております。そして、持続可能な地球の未来は、私たち一人一人の叡智(えいち)の結集とその実行力にかかっているといっても過言ではありません。

 いま、環境の分野では温暖化対策の2020年以降の新たな枠組みである「パリ協定」のルール作りが本格化し、国際社会では30年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けて、日本の強いリーダーシップが求められています。

 こうした中、私たちフジサンケイグループは、この地球環境大賞顕彰制度を通じて、世界の経済成長と気候変動対策の両立に貢献し、あらゆる分野で「環境と経済」「環境と社会」の調和による豊かで活力にあふれる国づくりに今後とも邁進(まいしん)して参る所存であります。

 皆様方のなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

                  ◇

 ■社会・経済発展の一助に

 □顕彰制度委員会委員長・御手洗冨士夫氏

 本日は、秋篠宮同妃両殿下のご臨席を賜り、第27回「地球環境大賞」の授賞式が開催できましたことを、心から感謝申し上げます。そして、本日、受賞される皆様に心よりお祝い申し上げます。

 この地球環境大賞は、関係者の皆様方のご尽力、ご努力により、権威と影響力のある顕彰制度として、産業界をはじめ各界・各層から高い評価と支持を得ており、より良き社会や新たな時代の創造に寄与してまいりました。

 地球規模の環境問題の解決が人類共通の課題となる中、日本の優れた技術や知識、地道でたゆみない環境活動が、世界の発展と持続可能な社会の発展に貢献してまいりましたことは、誠に喜ばしい限りでございます。

 顕彰制度委員会委員長として、今後も本賞の社会的な評価をさらに高め、社会・経済の持続的発展の一助となるよう、努めてまいる所存でございます。より一層のご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げ、私からのご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。