フジ報道番組プロデューサー、パワハラで処分

 フジテレビの報道番組「プライムニュース イブニング」を担当する男性プロデューサーが部下に対するパワーハラスメントを行ったとして、同局が減給とする懲戒処分にしていたことが25日、分かった。男性プロデューサーは言葉の上で行き過ぎた指導を行っていたという。男性プロデューサーの上司3人も監督責任を問われ、譴責(けんせき)の処分を受けた。処分はいずれも23日付。25日に開かれた同社の定例会見で、宮内正喜社長は「あってはならないこと。上司と部下のコミュニケーションを密接に取ることが重要だ」と話した。