ユニマットグループ3社100億円申告漏れ 東京国税局 赤字企業を取り込み、黒字減らし

 オフィス向けのコーヒーサービス事業などを展開する「ユニマットライフ」(東京都港区)などグループ企業3社が、平成28年3月期までの数年間で総額約100億円の申告漏れを東京国税局から指摘されていたことが10日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、税務調査を受け申告漏れを指摘されたのは、ユニマットライフのほかに、グループ持ち株会社の「ユニマットホールディング」と、リゾートホテルやゴルフ場などを経営する「ユニマットプレシャス」(いずれも東京都港区)。

 グループ企業内の組織再編を進める中で、赤字企業を取り込んで黒字企業の所得を減らす行為があったという。国税局は、こうした組織再編について、租税を回避する目的があったと判断したとみられる。