サンマ過去最高3万3千円 北海道釧路港で初水揚げ

 北海道東部沖の太平洋でサンマ流し網漁が始まり、釧路港で10日、全国に先駆けて初水揚げがあった。釧路市漁協によると、地方卸売市場での初競りで1キロ3万3千円の値が付き、平成28年の2万9千円を上回って過去最高だった。

 釧路港では同日早朝、箱に入ったサンマが次々と水揚げされた。同漁協によると、初日の水揚げ量は約700キロ。札幌や東京の飲食店などに運ばれるという。

 昨年の全国の漁獲量は8万5千トンと、ほぼ半世紀ぶりの低水準に沈んだ。えりも町の漁師、大山健太さん(31)は「昨年よりも量が少なく、身も小さい。また漁に出るが、期待はできない」と険しい表情だった。

 100トン以上の大型船も操業する主力の棒受け網漁は、8月中旬から本格化する。