排ガス不正、ベンツ日本は回収対象外 違法なソフトウエアと別のソフト使用

 ドイツ自動車大手ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」のディーゼルエンジン車に排ガス不正が見つかった問題で、メルセデス・ベンツ日本(東京)は20日、日本で販売した車両はリコール(無料の回収・修理)の対象ではないと明らかにした。問題を受け対象車種の確認を進めていた。

 ドイツでは運輸当局が、欧州で販売した約77万台に排ガス浄化機能を不正に操作する違法なソフトウエアを搭載していたと指摘、大規模リコールに発展した。これに対し、日本向けの車両は別のソフトを使用しており問題がないという。