「被害は巨額」てるみくらぶ社長に懲役6年 詐欺罪などで東京地裁

「てるみくらぶ」の山田千賀子社長(寺河内美奈撮影)
「てるみくらぶ」の山田千賀子社長(寺河内美奈撮影)【拡大】

 銀行から融資金をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた旅行会社「てるみくらぶ」(東京、破産手続き中)の社長、山田千賀子被告(68)の判決公判が20日、東京地裁で開かれた。河本雅也裁判長は「被害は巨額で、その大半は返済されていない」として懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 山田被告は初公判で起訴内容を認め「申し訳ありませんでした」と謝罪していた。弁護側はこの日、300万円を破産財団に繰り入れたとする証拠を提出したが、河本裁判長は「犯行の計画性、常習性は明白で、手口も巧妙。被告が個人的な利益を得ていなかったとしても、大きく酌むべき事情とはいえない」と指摘した。

 判決言い渡し後、河本裁判長が「事件で多くの人に迷惑をかけた。反省して服役し、できるだけのことをしてください」と説諭すると、山田被告は涙を流して「はい」と答えた。

 判決によると、山田被告は平成28年6月から29年2月、元経理担当社員、笹井利幸被告(37)=詐欺罪で公判中=と共謀し、財務状況を良く見せかけた虚偽の決算書を示し、銀行2行から計約5億円をだまし取るなどした。

 てるみくらぶは、ツアー代金を支払ったのに航空券が発券されないなどのトラブルが表面化し、昨年3月、約151億円の負債を抱えて破綻した。