【動画でお届け】「ヤッショ、マカショ」山形花笠まつりが開幕

「山形花笠まつり」が開幕し、花笠を手に優雅に舞う踊り手たち=5日午後、山形市(飯田英男撮影)
「山形花笠まつり」が開幕し、花笠を手に優雅に舞う踊り手たち=5日午後、山形市(飯田英男撮影)【拡大】

  • 「山形花笠まつり」が開幕し、花笠を手に優雅に舞う踊り手たち=5日午後、山形市(飯田英男撮影)
  • 「山形花笠まつり」で優雅に舞う踊り手=5日夕、山形市
  • 「山形花笠まつり」が開幕し、花笠を手に優雅に舞う踊り手たち=5日午後、山形市(飯田英男撮影)

 「ヤッショ、マカショ」-。威勢のいい掛け声と紅花をあしらったスゲ笠を手に踊り手が群舞する東北四大まつりの一つ、「山形花笠まつり」が5日夕、山形市で始まった。

 午後6時過ぎ、「ドドン、ドドン」という勇壮な花笠太鼓の打ち込みが響き渡ると、華やかに彩られた山車を先頭に市中心部の十日町、本町、七日町、旅篭町の文翔館までの目抜き通り約1.2キロを艶やかな衣装と紅花をあしらったスゲ笠を手にした踊り手が埋めた。

 今年は平成28年の日露首脳会談で合意した「ロシアにおける日本年」「日本におけるロシア年」にあたり、花笠踊りを愛好するロシア人グループ「奇跡の花」も参加、日本の踊り手とともに花笠踊りを舞った。

Sankei News YouTube Channel