スペースXが民間一番乗りか ISS有人飛行、ボーイング抑える公算大

スペースXのファルコン9ロケット(同社提供)
スペースXのファルコン9ロケット(同社提供)【拡大】

 イーロン・マスク氏率いる米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)が米ボーイングを抑え、国際宇宙ステーション(ISS)に米国人宇宙飛行士を運ぶ最初の民間企業になる可能性が強まってきた。

 米航空宇宙局(NASA)が今月2日に発表した最新スケジュールによると、スペースXは2019年4月に同社初の有人飛行試験となる「デモ2」を計画。一方、ボーイングの「クルー・テスト・フライト」は現時点で19年半ばを予定している。両社とも日程が当初の予定からずれ込んだ。

 NASAは14年9月、両社に合わせて68億ドル(約7500億円)を提供。米国のISSへの飛行能力を復活させ、1人当たり約8000万ドル支払ってロシアの宇宙船「ソユーズ」に頼らなくても済むようにするためだ。

 ボーイングの宇宙船「スターライナー」は米ロッキード・マーティンとの合弁会社ユナイテッド・ローンチ・アライアンスのロケット「アトラスV」に搭載され、スペースXの宇宙船「クルー・ドラゴン」は自社のロケット「ファルコン9」で打ち上げられる。

 NASAは1月時点で、ボーイングが11月に、次いでスペースXが12月に有人飛行を行うと公表。両社は当初、17年中の実現を目指していた。(ブルームバーグ Dana Hull、Justin Bachman)