「ミラクル エッシャー展」公式図録を販売 (1/2ページ)

大好評のイスラエル博物館所蔵「ミラクル エッシャー展」の公式図録
大好評のイスラエル博物館所蔵「ミラクル エッシャー展」の公式図録【拡大】

 産経ネットショップでは、東京・上野の森美術館で6月6日~7月29日に開催され、大人気を博した「ミラクル エッシャー展」の全出展作品152点を掲載した公式図録を販売している。3200円(税、送料込み)。

 エッシャー展の総入場者は20万人超と予想を大幅に上回り、昨年秋の「怖い絵」展と同様、上野の森美術館の前に長蛇の列ができる人気だった。11月16日~来年1月14日に大阪市のあべのハルカス美術館で開催され、その後、福岡、愛媛を巡回する予定。

 エッシャー展は、「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)の生誕120年を記念して開催。実際にありそうで現実には存在し得ない「相対性」や幅約4メートルの超大作「メタモルフォーゼII」などの代表作を含むイスラエル美術館所蔵の152点を展示する。

日本語と英語の解説文や年譜なども掲載