【訃報】石弘光氏(元政府税制調査会会長、元一橋大学長)


【拡大】

 石弘光氏(いし・ひろみつ=元政府税制調査会会長、元一橋大学長)25日、膵臓(すいぞう)がんのため死去、81歳。葬儀・告別式は近親者で行った。10月2日午後2時から東京都千代田区一ツ橋2の1の1、如水会館でお別れの会を開く。喪主は妻、真美子(まみこ)さん。

 1998~2004年に一橋大学長を務め、00年に政府税調会長に就任。財政再建を重視する立場から消費税率引き上げの必要性を説き、増税路線の改革案を提起した。所得税の定率減税廃止や給与所得控除などを縮小する方向性を示した05年の答申が「サラリーマン増税」と呼ばれ、直後の東京都議選で苦戦した与党・自民党との関係が悪化。06年発足の第1次安倍内閣は再任を認めなかった。税調会長を無報酬で務める清廉さで知られ、二酸化炭素(CO2)の排出削減につなげる環境税の理論化にも努めた。一橋大大学院修了。12年瑞宝大綬章。著書に「財政理論」「消費税の政治経済学」など。フジサンケイビジネスアイの「論風」執筆メンバー。