【スポーツi.】タイガー“復活”と米男子ツアーの栄光 (1/3ページ)

世界ランキングが再び上昇中のタイガー・ウッズ=米ペンシルベニア州
世界ランキングが再び上昇中のタイガー・ウッズ=米ペンシルベニア州【拡大】

 男子ゴルフの米ツアー(PGA)は、上位選手のみで年間王者を決めるフェデックスカップ(全4試合)最終戦「ツアー選手権byコカ・コーラ」(20日開幕、米ジョージア州イーストレイクGC)を残すのみとなった。とにかく今年の米ゴルフ・シーンは、“タイガー・ウッズ復活”を抜きに語れない。

 抜群の注目度

 17試合に出場、優勝こそなかったが、ベスト10フィニッシュが6度、5位以内も4度と存在をアピール。メジャーの全英オープン(7月)6位、さらに全米プロ選手権では最終日、一時首位に立つなど2位…。全米プロ覇者のブルックス・ケプカが感慨深げに言っていた。

 「どこにいても、地鳴りのような歓声が聞こえてきたんだ。“ああ、タイガーが何かやったんだな”ってわかったよ」

 全米プロのギャラリー数は前年比173.5%、1日3万5000から4万人…。その多くがタイガーを見守った。全米でのテレビ平均視聴率は6.1%で、ジャスティン・トーマスが勝った昨年よりも73%アップして、約830万人がタイガーを見続けたという(数字はPGA日本公式サイトより)。

 タイガーは2013年以来、5年ぶりにフェデックスカップに出場している。ここまで3戦は40位→26位→6位と調子を上げて、今季の獲得賞金額は382万3841ドル(約4億2800万円)。ちなみにトップはJ・トーマスの約841万ドル。上位30選手だけで争う最終戦で年間王者を目指せる位置にいる。

続きを読む