台湾の双十節 都内で祝賀行事 謝長廷代表、日台関係は「善の循環」

「双十節」を祝うレセプションであいさつをする台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表=4日、東京都内
「双十節」を祝うレセプションであいさつをする台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表=4日、東京都内【拡大】

 台北駐日経済文化代表処主催の「双十節」を祝うレセプションが4日、都内のホテルで開かれ、政財界やマスコミ関係者らが多数来場した。

 謝長廷代表(台湾の駐日大使に相当)はあいさつで、日台関係について「災害が起こる度に助け合うという『善の循環』が形成されている。まさに『困ったときの友が真の友』といえる」と述べた。また、蔡英文政権発足後に中国からの圧力が強まっていることについて触れ、「台湾の自由と民主主義は、覇権主義によって消すことはできない」と強調した。

 安倍晋三首相の母、洋子さんも昨年に引き続き出席し、「日本と台湾は心が通じ合い、災害があっても互いに親身になって助け合う関係になっている」などと祝辞を述べた。