育んだ目利き「豊洲でがんばる」 世界に誇る「築地」重ねた歴史、最後の競り (1/2ページ)

 「生きがいだった」。6日に閉場した築地市場(東京都中央区)では、一抹の寂しさを抱きながら業界関係者が最後まで威勢良く営業を続けた。世界に誇る日本の食文化の中枢だった「築地ブランド」を支えた目利きの力は、豊洲市場(江東区)に引き継がれる。

営業最終日となった築地市場の生鮮マグロ卸売場で、手締めをする業者ら(納冨康撮影)

営業最終日となった築地市場の生鮮マグロ卸売場で、手締めをする業者ら(納冨康撮影)

 午前5時過ぎのマグロ売り場。業界団体「東京魚市場卸協同組合」の早山(はやま)豊理事長が業者らに「とうとうこの日が来てしまった。今まで築地で育んできた技と目利きの力を新市場に持っていこう」と呼びかけ、最後の競りを前に手締めを行った。

 卸売業者が真剣なまなざしで、ずらりと並んだマグロの断面をのぞき込む。午前5時半には最後のマグロの競りが始まり、あっという間に値段が付けられていった。競り落とされたマグロはすぐに仲卸業者が買い付けにくる。築地歴45年というマグロ専門の卸業者、伊藤潔さん(68)は、慣れた様子で常連の仲卸業者と手早くやりとりし、競り落とした北大西洋産の冷凍マグロを売り切った。晴れやかな表情を浮かべながら「僕にとって築地最後の品物。築地は生きがいだったね」と語った。

続きを読む