台湾・蔡総統、中国への警戒あらわ 「双十節」演説、対話や交流に言及せず

10日、台北の総統府前で行われた双十節の式典で演説する台湾の蔡英文総統
10日、台北の総統府前で行われた双十節の式典で演説する台湾の蔡英文総統【拡大】

 台湾の蔡英文総統は10日、総統府前で行われた建国記念日に当たる「双十節」の式典で演説し、「中国の一方的な文攻武嚇と外交圧力により、台湾海峡の平和と安定は深刻な挑戦にさらされてきた」と述べ、中国への警戒感をあらわにした。蔡氏は就任後2年連続で中国当局に呼び掛けてきた対話や交流に言及せず、外交・安全保障面での圧力に対抗する姿勢を強調した。

 蔡氏は演説で、内政重視の過去2回と異なり中国問題を優先。「軽率に対抗(策)を強めないが、屈服も譲歩もしない」と述べ、自らは中台関係の「現状維持」方針を変えないと訴えた。半面、中国には「責任ある大国として地域と世界の衝突の発生源となるべきではない」と強硬姿勢を改めるよう求めた。

 蔡氏はこれまで、中台は不可分などとする「一つの中国」原則に配慮、中国のことを「中国大陸」や「対岸」などとあいまいな表現で呼んできた。だが、この日は「中国」と名指しした上で、「中華民国台湾の主権を守る」と台湾側の立場を強調した。

 また、「台湾の多様性と民主主義は断固守るべき価値だ」と指摘。ネットの偽情報が中国発と指摘されていることを念頭に、「台湾の自由を利用して混乱を作り出すことは、絶対に座視しない」と何らかの対抗策を執ることを示唆した。

 蔡氏は、米国のペンス副大統領が演説で中国を批判したことにも言及した。蔡氏が中国への態度を硬化させたのは、今年に入り3カ国と「断交」するなど中国の圧力が強まっていることに加え、トランプ米政権の対中姿勢に歩調を合わせた可能性もある。

 蔡氏はまた、「民主的な価値を共有している」と日本にも言及。日台間の「友情はますます緊密になっている」と評価した。(台北 田中靖人)