指定避難所にペットと移動、9割超回答 「災害とペット」に関する意識調査

 共栄火災海上保険が11月1日の「犬の日」にあわせて実施した「災害とペット」に関する意識調査(全国1069人対象)で、指定避難所への移動時に9割以上が「ペットとともに行動する」と回答。ペットは大切な家族の一員と考える人が大半であることが分かった。

 災害時にはぐれた場合でも63%が「優先して探す」と答え、最寄りの避難所でのペット受け入れが難しいなら「同行できる別の避難所に移る」が53%だった。ペット用避難グッズについて「準備または購入予定」は38%で、ペット保険に「既に加入または未加入ながら関心あり」が69%を占め、多くの飼い主は「備えあれば憂いなし」と考えているようだ。