新型aiboは入院中の“子どもの心”を癒やせるか 初の検証へ (1/3ページ)

 犬型ロボット「aibo」は、長期入院中の子どもを癒やせるか--ソニーと国立成育医療研究センターが11月29日、そんな検証を12月に始めると発表した。同センターに入院している子どもに、1日当たり20~30分ほどaiboと触れ合ってもらい、ホルモンの分泌、発言や行動への影響を確認する。新型aiboを使った同様の取り組みは、今回が初めて。

aiboと触れ合う子どもたち=国立成育医療研究センターで撮影

aiboと触れ合う子どもたち=国立成育医療研究センターで撮影

 「痛いことばかり」「頑張れって言わないで」 子どもを救えるか

 「入院していると痛いことばかり。パパやママにも会えない」「簡単に頑張れって言わないで。これ以上、何を頑張ればいいの」「今までできていたことがどんどんできなくなっていく。もう死んだほうがマシ」--これらは、同センターの田中恭子さん(こころの診療部 児童・思春期リエゾン診療科診療部長)が、実際に入院中の子どもたちから聞いた“悲鳴”だ。

 慢性疾病で長期入院している子どもは、寂しさや混乱などから抑うつ症状、不安などを抱えるケースが多く、退院後に15~20%がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症するという。そうした子どもの心をケアする方法には、犬などの動物との触れ合いが効果的とされるが、感染症のリスク、訓練にかかるコストなどもあり、「導入を見送ってきた」(同センター)。

ポジティブな反応