正論大賞に西修氏と百地章氏 新風賞に楊海英氏

西修氏
西修氏【拡大】

  • 百地章氏
  • 楊海英氏

 自由と民主主義のために闘う「正論路線」を発展させた言論活動に贈られる正論大賞に、駒沢大学名誉教授の西修(おさむ)氏(78)と国士舘大学特任教授の百地章氏(72)が決まった。新進気鋭の言論人に贈られる正論新風賞には静岡大学教授、楊海英(ようかいえい)氏(54)が選ばれた。3氏はともに産経新聞「正論」執筆メンバー。

 正論大賞は今回が34回目。西氏と百地氏は「正論」欄などで積極的に提言し、憲法改正実現に向け議論を牽引(けんいん)してきたことが高く評価された。両氏は産経新聞創刊80周年と「正論」40周年の記念事業として、憲法改正を世論に喚起するために設置された「国民の憲法」起草委員会の委員を務め、2013年4月に発表した「国民の憲法」要綱の取りまとめにも大きな役割を果たした。

 西氏は、憲法学と比較憲法学の研究を通じて「平和と国防はセット」であることを明らかにし、自衛隊を違憲視する憲法学界の議論に一石を投じた。

 百地氏は「国家論なき戦後憲法学」の問題点を厳しく批判し、緊急事態条項を憲法に盛り込む必要性をいち早く訴えた。

 楊氏は内モンゴル出身の文化人類学者で、日本名は大野旭(あきら)。日中両国で学んで培われた深い知識と見識に裏付けられた日中関係論に加え、中国当局がタブー視する文化大革命やウイグル問題などに果敢に切り込む姿勢が評価の対象となった。

 正論大賞の正賞はブロンズ彫刻「飛翔(ひしょう)」(御正進(みしょう・すすむ)氏制作)で副賞は賞金100万円、新風賞の正賞は同「ソナチネ」(小堤(おづつみ)良一(りょういち)氏制作)で副賞は賞金50万円。贈呈式は来年2月5日、東京都内で行われる。