今年の漢字は「災」 地震、豪雨、パワハラ…04年に続き2度目

2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「災」に決まり、京都・清水寺で森清範貫主が力強く揮毫(きごう)した=12日午後
2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「災」に決まり、京都・清水寺で森清範貫主が力強く揮毫(きごう)した=12日午後【拡大】

 2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「災」に決まり、日本漢字能力検定協会が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。森清範貫主が、縦約1.5メートル、横約1.3メートルの越前和紙に特大の筆で揮毫(きごう)した。「災」が選ばれるのは、04年に続いて2度目。

 協会によると、応募総数は19万3214票で、「災」は2万858票。理由として、北海道の地震や西日本豪雨など自然災害の多発、防災意識の高まりのほか、仮想通貨流出やスポーツ界のパワハラなどが人災として挙がった。

 2位は「平」(1万6117票)で「平成最後」「平昌五輪での日本勢の活躍」が理由。3位は「平成の終わり」などから「終」(1万1013票)。