人食い細菌が免疫攻撃阻止 大阪大チーム、新たな治療法開発にも

 感染すると、手足の壊死(えし)や多臓器不全などを引き起こす「劇症型溶血性レンサ球菌」は、特定の脂質を大量に作り出し、免疫系からの攻撃を阻止していることが、大阪大微生物病研究所の山崎晶教授(免疫学)らのチームの研究で分かった。

 症状が急速に進行し致死率も高いため、この細菌は「人食いバクテリア」とも呼ばれており、劇症化の原因となる免疫回避機構をつぶすことができれば、新たな治療法の開発につながる可能性があるとしている。

 チームは、レンサ球菌が作り出すMGDGという脂質を、免疫細胞が、受容体という部分で認識することで免疫が活発に働くようになり、菌を攻撃、排除していることを発見した。

 しかし、一部のレンサ球菌は、MGDGから、DGDGという別の脂質を大量に合成していることが判明。DGDGは、免疫を活発化する受容体の働きを抑えていることが分かった。

 チームは、レンサ球菌が、DGDGにより免疫系の攻撃を阻み、人の体内で増殖するため、劇症化するとみている。