僧侶ポスターにアイドル、テクノ法要も!? 各地の寺で斬新な取り組み (1/3ページ)

後光のなかジャンプする僧侶のポスター写真の顔出し看板も境内に設置されている=京都市東山区
後光のなかジャンプする僧侶のポスター写真の顔出し看板も境内に設置されている=京都市東山区【拡大】

  • 僧侶による法話に耳を傾ける参拝者ら=京都市東山区

 袈裟(けさ)姿でジャンプする僧侶を写したポスター、境内で行われるアイドル公演-。浄土宗総本山の知恩院(京都市東山区)で、昨年12月初めまで開催された境内の「秋のライトアップ」をPRするため、これまでと違った取り組みが注目を集めた。800年以上の歴史をもつ由緒ある寺院から生まれた奇抜ともいえる試みの数々。だが、こうした取り組みは知恩院だけではない。「テクノ法要」や、インターネット掲示板などに批判的なコメントが殺到して「炎上」した出来事を弔う「炎上供養」など、若い世代を意識した試みは全国の寺院に広がりつつある。背景にあるものとは-。(桑村大)

 木魚ビートに三門ライブ

 「一体何があったんだ」

 「ブッ飛んでいる」

 知恩院が昨年10月にライトアップの告知ポスターを公表すると、インターネット上には次々と書き込みが寄せられた。話題となったポスター写真は、後光が差すなか、手をつなぎ笑顔で飛び跳ねる5人の僧侶の姿が映っている。

 奇抜なのはポスターだけではない。YouTube(ユーチューブ)から視聴できるPR動画では、ビートを刻む木魚の音をバックミュージックに、5人の僧侶が夜の三門(国宝)に立ちこめた煙の中から現れる。ミュージックビデオのようにポップな演出からは、真面目でやや堅苦しい僧侶のイメージは感じられない。

 紅葉が色づき始めた昨年11月初旬には、境内で「おてつぎフェス」と題した夜間ライトアップのオープニングイベントも開催。三門の下では「浄土系アイドル」として活躍する女性3人組「てら*ぱるむす」や、知恩院の僧侶と職員で結成するバンド「ぽくぽくすまいる」のライブが行われ、荘厳な境内は一転して、にぎやかなコンサート会場に早変わりした。

 こうした取り組みは平成28年に始まった。知恩院の僧侶、磯部孝造さん(34)は「若い世代を中心に、仏教や寺院に接する機会が少なくなっている」としたうえで、「寺院に縁のなかった人の興味を引く必要がある。まずは足を運んでもらい、仏教の教えを知ってもらうきっかけをつくるのが狙い」と説明する。

「軸」をしっかりと持ちながら新しい取り組みを