西日本豪雨で役に立たず…国の「36億円排水ポンプ」故障のナゼ (1/4ページ)

昨年7月6日夜、浸水で孤立した口田地区をボートで進む救助隊(住民撮影)
昨年7月6日夜、浸水で孤立した口田地区をボートで進む救助隊(住民撮影)【拡大】

  • 昨年7月6日夕の矢口排水機場。住民によると、水の流れが止まっていたという=広島市安佐北区(住民撮影)
  • 昨年10月末に口田集会所で開かれた説明会には住民約100人が集まり、整備局側に厳しい質問を行った=広島市安佐北区
  • 豪雨から約1週間後の矢口排水機場。水がなくなっている

 昨年7月の西日本豪雨で大きな浸水被害が発生した広島市安佐北区の口田(くちた)地区。一級河川の矢口川の氾濫によって過去何度も浸水している地区で、今回は国交省中国地方整備局が36億円をかけて昨年4月に新しい排水機場を設置した。しかし豪雨当日は故障で稼働せず、またも被害を出した。整備局は「想定以上の雨で、流入した大量のゴミなどがポンプをつまらせた」と説明。ただ正常に稼働しても排水能力を超えていたという。設置当初は「10年に1度の豪雨でも大丈夫」と“安全宣言”も出していただけに、住民らは「裏切られた」と怒りが収まらない。(山本尚美)

過去に何度も浸水被害

 矢口川は、広島市内を北から南に流れる一級河川の太田川に合流する支流。合流部の口田地区は矢口川の近くまで民家が立ち並び、本格的な堤防もないため、過去にも頻繁に浸水被害が発生してきた。

 降雨で太田川の水位が上がると、矢口川への水の逆流を防ぐため矢口川の水門が自動閉鎖され、行き場を失った矢口川の水があふれる。浸水はこうして起きており、構造的な問題も指摘されてきた。

 そこで矢口川には平成元年、浸水対策として毎秒4トンの排水能力を持つ排水機場が設置された。豪雨時に矢口川の水をポンプでくみ上げ太田川へ流す仕組みだが、それでも雨量によっては排水が追いつかず、最近では17年、22年と立て続けに床上浸水が起きている。

 こうした実態を踏まえ国と県、市は24年、矢口川総合内水対策計画を策定。ハード面の対策として整備局が行ったのが、毎秒4トンの排水能力を持つ新たな排水機場2基の設置だった。

「10年に1度の豪雨でも大丈夫」