健常者も「読める」点字、じわり浸透

 視覚障害者が指で「読む」点字の凹凸に片仮名やアルファベットを重ね合わせ、目の不自由な人も、健常者も意味が理解できる独特のデザインがじわりと浸透し始めている。「共生社会の考えにぴったりだ」として渋谷区役所が1月15日に業務を開始した新庁舎の案内板に採用した。

渋谷区役所新庁舎のトイレの案内表示。片仮名に重なるように点字がある

渋谷区役所新庁舎のトイレの案内表示。片仮名に重なるように点字がある

 発案したのは、中央区のデザイナー、高橋鴻介さん(25)。ある日、点字を見ながら「なぜ僕は点字を読めないのだろう」と疑問に思ったのがきっかけだ。平成29年9月から試行錯誤を重ね、当初はアルファベットのみだったが、視覚障害者からの要望を踏まえ、片仮名に対応したデザインも作った。

 昨年3月に自身のツイッターで紹介すると国内外から「点字を学ぶのに役立つ」「盲学校に通う子供の教材が読めるようになれたらうれしい」と多くの反響があった。

健常者も意味が理解できる点字を考案した高橋鴻介さん=渋谷区

健常者も意味が理解できる点字を考案した高橋鴻介さん=渋谷区

 高橋さんによるとデザインは、複合施設「渋谷ヒカリエ」で一時使われたほか、電通本社(港区)で採用されることが決まった。広島、岡山両県庁からも区役所側に問い合わせがあったという。

 「2020年東京五輪・パラリンピックで世界へ発信し、広めたい」と高橋さんは意気込む。「障害の有無にかかわらず同じツールを使って、お互いがつながり合えたらうれしい」と話している。