国内最古の坑道、徳島で見つかる 顔料の原料採掘か

若杉山遺跡の坑道跡の入り口(徳島県阿南市提供)
若杉山遺跡の坑道跡の入り口(徳島県阿南市提供)【拡大】

 徳島県阿南市の若杉山遺跡で、赤色顔料である水銀朱の原料「辰砂(しんしゃ)」を採掘していたとみられる坑道跡から、弥生時代後期の土器片5点が見つかり、市が1日発表した。坑道が掘られた時期は不明だったが、土器から弥生時代後期と推測でき、市は「日本最古の坑道」としている。

 これまで最古とされた坑道は、奈良時代(8世紀)に始まった長登(ながのぼり)銅山(山口県美祢市)という。

 若杉山遺跡はこれまでに辰砂原石や精製用の石臼、勾玉(まがたま)などが出土している。阿南市によると、坑道は人為的に掘られた形跡があり、坑道内では石きねも見つかっている。坑道の高さは約1メートル、奥行きは約13メートルで、3つに分岐して掘り進められたとみられる。弥生土器片は、入り口から3メートルの地点で見つかった。中世の土器片も見つかり、市は「中世段階で、坑道が改変された可能性はある」とみている。