【松本真由美の環境・エネルギーDiary】福島・浮体式洋上発電の実証は継続へ (3/4ページ)

浮体式洋上変電所「ふくしま絆」
浮体式洋上変電所「ふくしま絆」【拡大】

  • 5メガワット浮体式洋上風力発電設備「ふくしま浜風」(福島洋上風力コンソーシアム提供)
  • バージ型浮体式洋上風力発電システム実証機(NEDO提供)
  • 洋上変電所

 一方、7メガワット風車は、稼働率16.4%、設備利用率3.7%(17年7月~18年6月)と、油圧システムの初期の不具合などで稼働率は低い水準にとどまりました。この実証機の規模は、海面から最高到達点までの高さが189メートル、翼の回転軸までの高さ105メートル、翼長81.7メートル、重量1700トンで、規模、出力とも世界最大です。ただ、油圧システムの課題が残り、現時点で商用運転の実現は困難なうえ、維持管理費も高額であることから、同委員会は撤去の準備を進めるべきだと判断しました。

 同委員会での検証結果と提言をもとに、国は、2メガワットと5メガワットの実証機について実証研究を19年度まで1年間延長し、発電システム全体の追加的なデータ取得や、さらなるコスト低減の促進、漁業共存策の検討などを行うことにしました。7メガワット実証機については、撤去工法の検討を行った後、21年度までに解体・撤去作業を終えることを見込んでいます。

 コストなど残る課題

 国内で商用運転している浮体式洋上風力発電システムでは、16年3月に長崎・五島列島で運転を始めた「崎山沖2メガワット浮体式洋上風力発電所」が先駆けです。環境省が11年度から5年間にわたって実施した実証事業を経て、事業化しました。18年9月には、北九州市の響灘地区で、日立造船や丸紅などがNEDOと共同で開発した浮体式の実証機が試運転を始め、浮体式の発電コストを30年に20円/キロワット時にすることを目指し技術実証を進めています。

続きを読む