技術博物館設立への一里塚、日本戦車の里帰り計画が始動 試される“温故知新” (1/4ページ)

英国で里帰りの日を待つ九五式軽戦車(防衛技術博物館を創る会提供)
英国で里帰りの日を待つ九五式軽戦車(防衛技術博物館を創る会提供)【拡大】

  • ドイツのジンスハイム自動車・技術博物館。スポーツカーやヘリコプターの展示の奥には、かつての西ドイツで使われた戦闘機が飛行状態で展示されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 第二次大戦中に戦闘機を作っていたハインケル社が戦後に作ったスクーター。技術と社会の変遷を体感できる膨大な展示は欧州最大規模とされる(独ジンスハイム、2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 川崎重工により見事に復元された旧陸軍の戦闘機「飛燕」。その技術を継承した同社の最新バイクとともに展示された(2016年11月、岡田敏彦撮影)
  • 映画撮影用の大道具として作られた九五式軽戦車のレプリカ。車上の小林代表理事が海外から入手後、資料を基に大幅に手を加え、外観は実物と区別がつかないほどに再現されている(2018年4月、岡田敏彦撮影)
  • 川崎重工により見事に復元された旧陸軍の戦闘機「飛燕」(2016年11月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館の展示物のひとつ、英国デ・ハビランド社のDH-100「バンパイア」。パトカーや機関車、グライダーなどと共に、分け隔てなく展示されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館の膨大な展示の一部。手前にはクラシックカーが、奥には船舶用の大型エンジンや機関車、グライダーなどが所狭しと公開されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館で2002年当時展示されていた第二次大戦時ドイツ軍の自走砲シュトルムティーガー。世界に2台しか残っていない希少車。上右はパンター戦車、下左は米軍のシャーマン戦車(岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館でスポーツカーや蒸気機関車などと共に展示公開されてる第二次大戦時独軍の主力戦車「パンター戦車」(2002年10月、岡田敏彦撮影)

 旧日本陸軍の「九五式軽戦車」を英国から日本へ買い戻すための計画が始まった。静岡県のNPO法人「防衛技術博物館を創る会」によるもので、資金をインターネット上の寄付「クラウドファンディング」で募っており、目標額は5000万円。戦闘機や戦車を題材にした作品のある漫画家の松本零士さん(81)も応援メッセージを寄せるなど、昭和の技術遺産を里帰りさせるべく募金を呼びかけている。計画の成否には1台の戦車の帰還だけでなく、日本の“温故知新”のありようが問われている。(岡田敏彦)

 海外流出と博物館構想

 九五式軽戦車は昭和6(1931)年に開発開始。当時世界の主流だった37ミリ砲を主砲とし、高速(時速約40キロ)を主眼に置いた小型軽量な戦車として完成。11(1936)年から8年間にわたり、日本の戦車としては最多の約2380輌が生産された。日本には昭和56(1981)年にポンペイ島(ミクロネシア連邦)に置かれていた1輌が里帰り。京都市や和歌山県白浜市の私設博物館で展示されたが、閉館に伴い英国人コレクターが購入し、国外に流出した。買い戻しを目指すのはこの1輌だ。費用は1億円で、うち5千万円をクラウドファンディングのサイト「Readyfor」で集める。残りの額は別途集めた寄付金と自己資金でまかなう。

発展途上の「技術遺産の保存・継承」