技術博物館設立への一里塚、日本戦車の里帰り計画が始動 試される“温故知新” (3/4ページ)

英国で里帰りの日を待つ九五式軽戦車(防衛技術博物館を創る会提供)
英国で里帰りの日を待つ九五式軽戦車(防衛技術博物館を創る会提供)【拡大】

  • ドイツのジンスハイム自動車・技術博物館。スポーツカーやヘリコプターの展示の奥には、かつての西ドイツで使われた戦闘機が飛行状態で展示されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 第二次大戦中に戦闘機を作っていたハインケル社が戦後に作ったスクーター。技術と社会の変遷を体感できる膨大な展示は欧州最大規模とされる(独ジンスハイム、2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 川崎重工により見事に復元された旧陸軍の戦闘機「飛燕」。その技術を継承した同社の最新バイクとともに展示された(2016年11月、岡田敏彦撮影)
  • 映画撮影用の大道具として作られた九五式軽戦車のレプリカ。車上の小林代表理事が海外から入手後、資料を基に大幅に手を加え、外観は実物と区別がつかないほどに再現されている(2018年4月、岡田敏彦撮影)
  • 川崎重工により見事に復元された旧陸軍の戦闘機「飛燕」(2016年11月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館の展示物のひとつ、英国デ・ハビランド社のDH-100「バンパイア」。パトカーや機関車、グライダーなどと共に、分け隔てなく展示されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館の膨大な展示の一部。手前にはクラシックカーが、奥には船舶用の大型エンジンや機関車、グライダーなどが所狭しと公開されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館で2002年当時展示されていた第二次大戦時ドイツ軍の自走砲シュトルムティーガー。世界に2台しか残っていない希少車。上右はパンター戦車、下左は米軍のシャーマン戦車(岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館でスポーツカーや蒸気機関車などと共に展示公開されてる第二次大戦時独軍の主力戦車「パンター戦車」(2002年10月、岡田敏彦撮影)

 復元する場合には、当時の製造資料を世界中からかき集めて機体構造などを調査し、戦後に改造された部分や失われた部分を特定する。修復に当たってどの部分を新造したのかを、電線1本に至るまで詳細に記録に残す。1940年代の航空技術の実情と発展を歴史として記録し、その“生き証人”として実物を後世に伝えていくためだ。そこには「他国の飛行機だから修復はそこそこに」といった“敵味方”の区別はない。

 かつて人類を月面に送ったサターンV型ロケットを筆頭とする米国の宇宙開発を牽引したのは、第二次大戦時にナチスドイツの一員として世界初の長距離弾道ミサイル「V2」(報復兵器2号)を開発したフォン・ブラウン博士だった。技術の歴史を「軍か民か」で分けるのはナンセンスだ。

 第3の道

 日本では、戦車や戦闘機などは戦争の遺物として、朽ち果てた状態のまま、つまり修復されることなく戦死した人々への鎮魂の“碑”として扱われたり、あるいは軍国主義の象徴としてタブー視されることが一般的で、純粋に技術の証として残そうという機運はか細いものだった。しかし近年は第3の道として欧米同様、ドライに技術だけに焦点を合わせた保存の動きが広まりつつある。

 旧陸軍の戦闘機「飛燕」(ひえん)は開発・製造した川崎重工で平成27(2015)年から約1年かけて修復・復元作業が行われた。同機は長らく米軍基地で展示され、日本各地で巡回展示などをしたため、破損や部品の紛失、応急処置が繰り返されていたが、この復元ではスミソニアン同様、徹底した調査分析を行い、使われた素材や製造技術を改めて記録しながら、当時の日本の技術をありのままに残すことを目的としていた。今回の九五式軽戦車の里帰りと復元、その後に続く博物館の建設も、こうした新しい潮流のひとつだ。

「機械に感情はない」