技術博物館設立への一里塚、日本戦車の里帰り計画が始動 試される“温故知新” (4/4ページ)

英国で里帰りの日を待つ九五式軽戦車(防衛技術博物館を創る会提供)
英国で里帰りの日を待つ九五式軽戦車(防衛技術博物館を創る会提供)【拡大】

  • ドイツのジンスハイム自動車・技術博物館。スポーツカーやヘリコプターの展示の奥には、かつての西ドイツで使われた戦闘機が飛行状態で展示されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 第二次大戦中に戦闘機を作っていたハインケル社が戦後に作ったスクーター。技術と社会の変遷を体感できる膨大な展示は欧州最大規模とされる(独ジンスハイム、2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 川崎重工により見事に復元された旧陸軍の戦闘機「飛燕」。その技術を継承した同社の最新バイクとともに展示された(2016年11月、岡田敏彦撮影)
  • 映画撮影用の大道具として作られた九五式軽戦車のレプリカ。車上の小林代表理事が海外から入手後、資料を基に大幅に手を加え、外観は実物と区別がつかないほどに再現されている(2018年4月、岡田敏彦撮影)
  • 川崎重工により見事に復元された旧陸軍の戦闘機「飛燕」(2016年11月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館の展示物のひとつ、英国デ・ハビランド社のDH-100「バンパイア」。パトカーや機関車、グライダーなどと共に、分け隔てなく展示されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館の膨大な展示の一部。手前にはクラシックカーが、奥には船舶用の大型エンジンや機関車、グライダーなどが所狭しと公開されている(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館で2002年当時展示されていた第二次大戦時ドイツ軍の自走砲シュトルムティーガー。世界に2台しか残っていない希少車。上右はパンター戦車、下左は米軍のシャーマン戦車(岡田敏彦撮影)
  • ジンスハイム自動車・技術博物館でスポーツカーや蒸気機関車などと共に展示公開されてる第二次大戦時独軍の主力戦車「パンター戦車」(2002年10月、岡田敏彦撮影)

 計画を主導する同会の小林雅彦理事は、「軍事関連のものですから、見る人によって好き嫌いがあるとは思いますが、機械に感情はない」と指摘する。間違いを犯すのは機械ではなく、機械を操作する人間なのは今も昔もかわらない。

 「当時の日本は凄かった、日本人は優秀だったと自賛するためではなく、逆に日本なんて劣った国だと卑下するためでもない。感情論ではなく、客観的な技術資料として、日本のモノづくりの資料として残し、後世に伝えることが重要なのです」と強調する。

 95式軽戦車が軍で主流となったのは1940年ごろ。「現在から約80年前のことになります。そして1940年を起点に80年さかのぼれば、明治維新(1868年)の直前です。ちょんまげを結い、刀を差していた時代から80年で、最新の科学に裏打ちされた技術が必要な戦車という工業製品を作りだした。80年という時間と技術の進歩に思いを巡らせてもらうといったこともできるのです」という。また「銀河鉄道999」などで著名な漫画家の松本零士さんも「日本の機械工学の発展上、大事な時期の制作物です」と強調し、里帰りと修復・保存の意義を説く応援コメントを寄せている。

 温故知新

 戦後、九五式戦車は砲などの武装を取り外して排土板を設け「更正戦車」の名でブルドーザーとして使われたり、北海道では除雪車やバスの牽引車として使われ、最後は「時代遅れのガラクタ」と見なされ、くず鉄として処分された。結局残ったものはポンペイ島やタイ、英国など海外で保管されるものだけとなった。

 日本人の「新しいもの好き」には功罪両面がある。明治維新の後、数多くの城の天守が壊された。浮世絵なども海外のコレクターに買われて日本を離れていった。時が経ち、再び評価されるころには現物は海外にしかないというのはよくあるケースで、九五式軽戦車の里帰り計画は、この流れを変えようと試みるものだ。

 寄付は5千円から100万円まで複数のコースがある。寄付の特典や申し込みについてはこちらへ。