【東京商工リサーチ特別レポート】食フェス「グルメンピック」詐欺に判決 主犯雲隠れ、被害者ら憤り (1/3ページ)

グルメンピックの出店概要書
グルメンピックの出店概要書【拡大】

 日本最大級の食フェスを謳った「グルメンピック」の出店料を騙し取ったとして逮捕された運営会社の幹部ら4名の判決公判が開かれた。主犯者は出廷せず、2名が無罪になり、弁護団は「極めて遺憾」とコメント。運営会社は破産を申請しており、余波はまだ広がりそうだ。(東京商工リサーチ特別レポート)

 日本最大級の食フェスを謳った「グルメンピック」の出店料を騙し取ったとして詐欺罪で逮捕された運営会社、大東物産(東京都中野区)の幹部ら4名の判決公判が3月19日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)で開かれた。

元社長の一人は海外逃亡?

 大東物産は2017年に東京と大阪で食フェスイベントの「グルメンピック」として大々的に発表し、全国の飲食店から出店料など約1億3000万円を集めたものの、イベント直前の1月に開催延期を発表した。その後、被害弁護団が結成されたが、大東物産は2月20日、東京地裁に破産を申請した。

 裁判長は、同社幹部だった矢野千城被告に「(グルメンピックを)開催する意思がなかった」と断じて懲役6年(求刑9年)の実刑。一方、髙木信治被告(求刑5年)と元社長の中井冬樹被告(求刑4年)には「計画に関わっていない」などとして、無罪を言い渡した。矢野被告は、足を組みながら時折いらいらした様子で裁判長の判決理由を聞いていた。

 元社長の田邉智晃被告は3月14日に続き、延期した19日の公判も出廷しなかった。

 関係者によると田邉被告は保釈の許可後、連絡が取れなくなり海外逃亡の可能性もあるという。なお、幹部だった大須健弘被告は3月14日、懲役3年6月(求刑6年)を言い渡されている。

大々的な宣伝活動を展開したが…