「シャネル」を再興したラガーフェルド氏が死去 莫大な遺産は愛猫に? (3/3ページ)

ラガーフェルド氏の愛猫、シュペットのインスタグラムより
ラガーフェルド氏の愛猫、シュペットのインスタグラムより【拡大】

  • ラガーフェルド氏(AP)
  • ラガーフェルド氏の愛猫、シュペットのインスタグラムより
  • ラガーフェルド氏(ロイター)

 かつて若手デザイナーのエディ・スリマンが「ディオール・オム(メンズ)」のディレクター(2000~07年)時代に手がけた細身のジャケットやパンツが一大ブームを巻き起こしたことがあった。ラガーフェルドが、その細身のスーツを着るために100キロ超あった体重を13カ月で42キロ減量したという。

 莫大な遺産は愛猫シュペットに?

 また、生涯独身だったラガーフェルドの恋人のような存在が愛猫のシュペット。知人の飼い猫を預かった際に一目惚れして譲り受けたという。シュペットは化粧品ブランド「シュウ ウエムラ」をはじめ、多くのブランドのモデルもこなすファッション界でも有名なスーパーモデル(?)。シュペット自身が1年間で3億円稼ぐともいわれている。

 シュペットの私生活もゴージャスで、専属のお世話係が2人付いており、テーブルで銀の皿で食事するセレブぶり。そのシュペット、220億円といわれるラガーフェルドの遺産を相続するのではないかと多数の海外メディアが報じているが、果たして…。