小田急線が1時間以上にわたり運転見合わせ 異常知らせる無線に不具合

小田急線の保安装置に異常が見つかり、点検のため全線で運転見合わせとなった=8日午前、小田急線相模大野駅(寺河内美奈撮影)
小田急線の保安装置に異常が見つかり、点検のため全線で運転見合わせとなった=8日午前、小田急線相模大野駅(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 小田急線の保安装置に異常が見つかり、点検のため全線で運転見合わせとなった=8日午前、小田急線相模大野駅(寺河内美奈撮影)

 8日午前7時15分ごろ、小田急線で、走行中の電車に異常発生を知らせ緊急停止を求める無線に不具合が発生した。小田急電鉄は点検のため、午前7時35分ごろから約70分間にわたって小田原線、多摩線、江ノ島線の全線で運転を見合わせた。特急ロマンスカーは、その後も運転を見合わせている。

 通勤や通学の時間帯と重なったため、沿線の駅が混雑した。