社会・その他

米原子力空母が横須賀出港 試験航海目的か

 神奈川県横須賀市は12日、米海軍横須賀基地(同市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンが同基地を出港したと明らかにした。短期間で戻る試験航海が目的とみられる。

 同空母の艦載機は19日までの日程で、東京・小笠原諸島の硫黄島で離着陸訓練を実施中。試験航海を終えた後、警戒任務などに当たる長期航海に出るのが通例となっている。

 同空母は昨年12月に横須賀基地に帰港し、点検や整備を受けていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus